あいあい整骨院 大安寺院

受付/9時~12時、15時~20時

あいあい整骨院 大安寺院へLINEで予約する
あいあい整骨院 新保院

受付/9時~12時、15時~20時

あいあい整骨院 新保院へLINEで予約する

【専門家が解説】ぎっくり腰になった時の対処法

【専門家が解説】ぎっくり腰になった時の対処法
ブログ

こんにちは、あいあい整骨院 柔道整復師の井村です。

今回は最近急増している、ぎっくり腰について原因・対処法等を紹介します。

ぎっくり腰ってなに?

ぎっくり腰とは様々な要因で起きた急性腰痛の総称で、多くは一ヶ月以内に痛みは軽快又は消失してしまいますが、 急性腰痛を繰り返していると慢性腰痛へ移行することがあり、 正しい対処の仕方が大切です。

痛みに個人差があり、激しい時は最初の2~3日は「炎症期」と呼ばれ、炎症物質が大量に放出される時期の為、日常生活もままならない程の激痛に襲われます。

その後は痛みを我慢すれば動ける程度の痛みがおおよそ1週間~10日程続きます。

かつてはその激しい痛みから「魔女の一撃」と呼ばれ恐れられていました。

どうしてぎっくり腰になるの?

原因としては骨の歪みや筋力低下、過度な運動によるオ―バーユースなど多岐にわたります。

また季節の変わり目など寒暖差が大きい時にもぎっくり腰になりやすいと言われています。

いずれにしても腰回りの関節や筋肉に異常な負担がかかることで発症しやすい為、普段からしっかりとケアやメンテナンスが必要となります。

ぎっくり腰になった時の対処法

まずは無理をして動かず楽な姿勢を取ることを心掛け、痛みが出ている周辺を触って他の所より温かい場合は、炎症を起こしている場合が多い為、すぐに保冷材(アイスノンなど)を薄いタオルなどで包んで5分~10分程度アイシングをしてください。

炎症のピークは72時間とされ、それまではしっかりとアイシングをしてください。

またお風呂などで温めてしまうと、炎症症状が悪化し痛みが増してしまいますので、間違っても温めないようにお願いします。

ぎっくり腰にならない為の予防法

ぎっくり腰にならないようにするためには姿勢を見直すことが大切です。

もちろんストレッチや運動も大切ですが、悪い姿勢を続けると骨盤の歪みや、背骨のクッションンの役割である椎間板へ負担がかかり変性し、腰椎椎間板ヘルニアや、脊柱管狭窄症、分離すべり症など様々な症状をきたす恐れが大きくなります。

その為、あいあい整骨院では根本的な症状改善を目指す、トータルバランス療法をお勧めしています。

ぎっくり腰以外の可能性も・・・

下肢に痛みやしびれがある、感覚障害がみられる、力が入らない、排尿障害などを伴っている場合などは椎間板ヘルニア、脊椎すべり症、腫瘍なども考えられます。

高齢の方で、骨粗鬆症の強い方などは圧迫骨折なども疑う必要があります。

そういった場合は、専門機関への受診をおすすめすることもございます。

FACEBOOK
INSTAGRAM
 
ホーム画面へ 料金ページへ 電話予約する 閉じる メニューを開く トップへ