あいあい整骨院大安寺本院

受付/9〜12時半、15〜20時

あいあい整骨院大安寺本院のLINE@を友だち追加する
あいあい整骨院みなみ分院

受付/9〜12時半、15〜20時

あいあい整骨院みなみ分院のLINE@を友だち追加する

腰の痛み

整骨院の説明

なぜ腰の痛みが出るの?

腰痛は腰の痛みばかりと思っていませんか? 主な原因 靱帯、筋・筋膜などの軟部組織疾患、脊椎疾患、脊髄疾患、神経根、梢神経の障害、骨盤部疾患、内臓疾患などがあります。また、腰痛の病名として腰部椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべりど様々な神経症状(しびれや感覚低下)を引き起こすものがあります。
しびれというのは痛みに比べ認識されにくい症状ではありますが、痛みよりも重症な事も多くみられます。
また感覚低下はしびれよりもさらに認識がされにくい傾向にあるため、痛みばかりに気をとられそれ以外の症状が進行していく可能性があります。
あいあい整骨院では痛みの状況を的確に見極めて手技や特殊電気治療器などによって筋組織や神経へアプローチを適切に施します。

腰の痛みの原因について

①腰周りの筋肉によるもの

姿勢不良のために起こってくる腰痛です。腰周りの筋組織が疲労し痛みがでることを筋・筋膜性腰痛と言います。脊柱起立筋、腸腰筋、ハムストリングなどの緊張、背筋、殿筋、腹筋の弱化、腰椎前弯、骨盤前傾の増強、左右の下肢長の相違、扁平足などが原因となることが多いです。また、背筋疲労による脊柱支持力の低下は、脊柱の諸靱帯と筋の緊張を起こし、次第に疼痛を生じるようになることがあります。

②ぎっくり腰

ぎっくり腰とは急性腰痛症の総称で筋肉疲労や筋肉のアンバランス、急激な運動などが原因と言われています。
足首の捻挫と同じように筋肉や靭帯が傷つき炎症が起こることが多くみられます。
その場合はしっかりと冷やして楽な姿勢をとり安静にするのが第一です。

③腰椎椎間板ヘルニア

椎間板は背骨をつなぎ、衝撃を和らげるクッションのような役目をしています。 その椎間板内の髄核が後方ないし後外方へ何かしらの原因で、突出した状態の事をヘルニアといい、神経を圧迫する事で痛みやしびれなどの症状として現れます。年齢は20~40代に多く発症し、50代以上には少ないです。腰部での椎間板ヘルニアは下部腰椎間に起こりやすい為、馬尾神経あるいは神経根を圧迫する結果、腰痛、下肢痛を起こす事が多いです。
椎間板ヘルニアの起こる高位は、L4-L5多く、次いでL5-S1間に多いです。疼痛は初期には腰痛のことが多いですが、のちに坐骨神経痛となりやすいです。髄核の突出は、髄核が後方へ押しやられるように椎間板の前部が圧縮されたときに起こりやすい為、重量物を持ち上げようとしたときに発症することが多くまた、特に誘因がなく徐々に発症することもあります。
ヘルニアにより障害を受ける場所によっては坐骨神経痛の症状が現れたり、脊髄の下の方で傷害を受けると排尿などの異常がみられることもあります。
排尿の異常がある場合は早急に医療機関での受診をお勧めします。

④腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症とは、様々な原因で骨や関節、椎間板、靭帯などが変形し、脊柱管と呼ばれる神経が通る管が狭くなることにより神経を圧迫し、 血液の流れが悪くなり症状が現れます。
腰椎椎間板ヘルニアと違い、腰を後ろに反らせると症状が悪化し、前へ曲げると症状が楽になります。
特徴として歩いていると足の痛みやしびれなどが現れ、休息をとると改善しまた歩けるようになる間欠性跛行(かんけつせいはこう)を呈します。 血行不良でも同じような症状が出る事ありますが、腰を前に曲げても症状の改善がみられません。

⑤靭帯断裂

落下して臀部を着いたときなどに腰の屈曲が過度に強制され、腰椎の後側の靭帯が伸展されて断裂を起こしたものです。 完全断裂と不全断裂があります。
棘間靱帯には脊髄神経の後枝の内側枝が分布していますが、 痛みは棘間の損傷部位のみに限定されず、障害神経領域以 外の部位の反射痛も伴うことが多いです。すなわち、後枝の 他の支配領域である脊柱周囲あるいは臀部、ときには大腿外側への放散痛を伴う広い部位の痛みとして感じることが多いです。しかし、大腿外側以外の下肢の部への放散はみ出る事ありますが、腰を前に曲げても症状の改善がみられません。

⑥筋・筋膜性腰痛

身体支持組織のうち筋・筋膜、腱などの軟部組織に加わった負荷により生じた炎症による痛みと考えられるものです。急性腰痛あるいは慢性腰痛の原因になります。急性の痛みは、重いものを持ち上げたり、スポーツなどで急に腰を捻る運動をしたり、不安定な姿勢を続けた後に起こることが多いです。
明らかに筋・筋膜の疼痛があっても、脊髄、脊椎、末梢神経などの他の組織の障害が合併していないことを確認しておく必要がある疾患です。脊柱起立筋の特に外縁部に緊張や膨隆を認め、圧痛が存在することが多いです。

⑦椎間関節性腰痛

椎間板の変性によって椎体の固定性が減弱すると、椎間関節の非適合性、異常可動性を生じ、増強する負荷によっ て変形性関節症性の変化を起こします。変化はL4-L5間、L5-S1間に起こりやすく、椎間関節には腰神経後枝内側枝の知覚枝が分布しており、局所の痛みと反射性の症状を呈してきます。腰痛は運動痛であり、後屈よりも前屈時に疼痛を訴える事が多いです。傍脊柱部に圧痛がみられることがあります。反射性の症状としては、臀部、大腿外側の疼痛、知覚鈍麻あるいは過敏、腰部の筋緊張などが起こります。

⑧腰の捻挫(椎間関節性腰痛)

体を曲げたりひねったりした時に痛みが出るますが、特に体を反らせる時の方が痛い場合が多いです。腰が痛いだけではなく、おしりから太ももの外側にかけて、さわった感覚が鈍くなったり、おしりの筋肉が 硬くなったりすることが多いです。

⑨腰椎分離・すべり症

脊椎分離とは椎弓の上下の関節突起間部に離断が起こっている状態です。分離した椎体が前方にすべっている状態を分離・すべりといい、この結果、症状が生じているものをそれぞれ脊椎分離症、脊椎分離・すべり症といいます。
分離・すべり症発症は、学童期から始まって年齢の増加とともに率が増加します。
分離があっても全てが症状を訴えるわけではなく、一部が腰痛を訴えるのみであります。しかし、青少年期の腰痛の重要な原因の1つにもなっており、特に激しい運動を行う運動選手にみられることが多く、運動時痛を訴えます。
分離した椎弓は異常可動性を生じるため、棘間靱帯、棘上靭帯、黄色靭帯などの炎症、変性、断裂などの変化や椎間関節の炎症、変形性関節症性の変化が起こり、それらに由来する症状が起きます。

⑩腰椎不安定症

腰椎の分離がないにもかかわらず、椎間板による上下椎体の結合力の減弱によって腰椎の異常可動性を生じ、前屈や 後屈の際に腰椎の1つが前方あるいは後方に移動するもの、 すなわち無分離・すべりを示すものを不安定椎といい、これによって症状を起こしているものを腰椎不安定症といいます。
普通の伸展位では正常であり、前屈によって前方へ移動することが多いが、後屈時に後方へ移動を示す場合もあります。 好発部位は第4及び第5腰椎間であるが、次いで第5腰椎、仙骨間にみられます。症状は主に腰痛であるが、椎間板に由来するもの、椎間関節に由来するもの、その他の周囲組織に由来するのもなどが単独にあるいは混合して現れてきます。

⑪骨粗鬆症

骨のカルシウムが減少し、また骨梁の減少をきたすものであり、 圧迫骨折をきたしやすくなり、また脊柱の湾曲が増強しやすいです。
老化現象による老人性骨粗鬆症と卵巣機能低下による更年期後骨 粗鬆症が圧倒的に多いです。
胸椎後弯増強と腰椎前弯増強によって脊柱がS字カーブを示す円 背では、上体をやや反らし、股関節、膝関節を曲げた状態で歩行 し、胸腰椎の後弯により脊柱がC字カーブを示す円背では、体幹 が前傾した状態で歩行する。高度な場合には杖をついたり、乳母 車のような身体を支えるものを押しながらでないと歩行できなくなります。
症状は、腰背部の鈍痛、だるさを訴え、骨折が起こると強い疼痛と棘突起の叩打痛を訴えます。円背は背部の筋萎縮及び筋疲労をきたし、疲労性の疼痛を起こします。

⑫脊椎腫瘍

原発性は少なく、ほとんどが続発性腫瘍の転移癌であり、乳癌、肺癌、前立腺癌、腎癌、などからの転移があります。
腰椎転移癌の初期では、体動により増悪し、安静により軽快する腰痛で始まりますが、まもなく増悪の一途をたどり、安静時でも激しい腰痛を覚えるようになる。やがて馬尾神経を圧迫し、下肢の知覚運動障害を生じ、末期には完全麻痺に至ることは珍しくありません。
全身倦怠感、るい痩、食欲不振、貧血がみられることが特徴といえます。マッサージや整体、整骨院、鍼灸治療によっても効果がないか、あっても持続効果がみられないような疼痛は、腫瘍の可能性も考慮しなければいけません。一度お近くの医療機関または、行きつけの病院で診察を受けてください。

腰に関する施術について

問診票を基にいつから痛いのか、どんな時に痛いのか、痛みの場所や状況、また痛み以外の症状(しびれや感覚以上など)、過去に病気やケガがないか(既往歴)、仕事や日常生活などについてお尋ねします。

問診票を基に触診や視診、各種検査を行います。
ケンプテスト、SLRテスト(下肢伸展拳上テスト)、FNSテスト(大腿神経伸張テスト)に関しては下記をご確認下さい。

問診、検査結果を基に手技や電気治療器を用いて症状の改善を図り、再発させないために日常生活で気をつける事や姿勢、運動、ストレッチ方法などのアドバイスもさせて頂きます。

『腰』の痛みは、あいあい整骨院におまかせください!

このような痛みでお困りでしたらお早めにあいあい整骨院にお任せください。
痛みの状況に応じた手技や特殊電気治療器による適切なアプローチを行います。
またご自宅でも出来るセルフケアの方法もわかりやすく説明させて頂きます。
痛みを早期に改善させるためにもあいあい整骨院へお越しください
ご来院お待ちしております。

検査方法のご紹介

ケンプテストについて

腰を回旋させながら斜め後ろに倒していく検査法です。
症状が出た場所により腰椎に問題があるのか、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管窄症などの神経的な問題なのかを判断します。

SLRテスト(下肢伸展拳上テスト)

仰向けで膝を伸ばした状態で足を少しずつ曲げていく検査法です。
腰部に限局した痛みがある場合、椎間板の損傷の疑いがあります。

FNSテスト(大腿神経伸張テスト)について

うつ伏せで膝を90℃に曲げ、股関節を持ち上げていく検査法です。
大腿神経の神経根に異常がある場合、太ももの前面に痛みがみられ、上位腰椎椎間板ヘルニアの疑いがあります。

FACEBOOK
INSTAGRAM
▲トップに戻る
あいあい整骨院