あいあい整骨院ロゴ
あいあい整骨院のTOP画像 あいあい整骨院のTOP画像

ストレッチのページ

ストレッチの画像

ストレッチとは

ストレッチの効果

・関節可動域(柔軟性)の改善

・筋肉を緩める

・血流増加

・怪我予防

・疲労回復

・スポーツパフォーマンスの向上

ストレッチの種類

ストレッチには大きく分けて5種類のストレッチがあり、その時々で使い分けを行います。

・スタティックストレッチング

・ダイナミックストレッチング

・バリスティックストレッチング

・PNFストレッチング(PNF Proprioceptive Neuromuscular Facilitation 固有受容性神経筋促通法)

・クライオストレッチング

スタティックストレッチング

世間一般でストレッチと言えば、このストレッチを一番に思い浮かべます。目的の筋肉を10秒~30秒間痛みが出ない程度に筋肉を伸ばします。
痛みが出ない程度にゆっくりする為筋肉への負担がすくないです。一人でやる際にも痛みが出た方が効いている気がしますが、逆に筋肉に力が入り効果が悪くなります。
実はこのストレッチ、スポーツ前に行わない方がよいのです。筋肉の柔軟性が上がりすぎ本来の力を発揮する事が出来ません。 もし、行うならスポーツ後やお風呂上りに行う事をおすすめします。

ダイナミックストレッチング

みなさん知っているラジオ体操がこのストレッチになります。
関節を動かしながら筋肉を伸ばすので、関節の可動域を広げながらストレッチを行える為、運動前に行うと怪我の防止になるので、運動前にこちらのストレッチをお勧めします。 みなさん知っているラジオ体操がこのストレッチになります。関節を動かしながら筋肉を伸ばすので、関節の可動域を広げながらストレッチを行える為、運動前に行うと怪我の防止になるので、運動前にこちらのストレッチをおすすめします。

バリスティックストレッチング

こちらもスポーツ前に行う事をおすすめするストレッチです。スポーツ前に、反動を使いながらアキレス腱やももの裏を伸ばしたりするのが一般的です。
反動をつけながら関節と筋肉を緩めていきます。一人でも行えますが誰かに押してもらったりすると効果的です。こちらのストレッチで気を付ける事は、反動を大きくしすぎて筋肉や関節を傷めないようにしなければなりません。
最初の反動はなるべく小さくして、徐々に負荷をかけていきましょう。

PNFストレッチング(PNF Proprioceptive Neuromuscular Facilitation 固有受容性神経筋促通法)

一人では行う事が出来ず、専門的な知識がないと出来ません。
リハビリの施術で目的の筋肉を使うと筋肉の伸びが良くなると言う特性を生かして行うストレッチです。普段使わない筋肉を目覚めさせるイメージのストレッチです。

クライオストレッチング

スポーツと後アイシングを行いながらするおすすめのストレッチです。冷やしながらと言う以外は、スタティックストレッチングとやり方は同じです。筋肉や関節が固くなる要因として炎症があります。炎症を抑えながら、冷やして痛みの神経を鈍くし関節の可動域が低下しないようにします。

まとめ

スポーツ前には、ダイナミックストレッチングやバリスティックストレッチングで関節と筋肉を緩めてもらいスポーツ後にはスタティックストレッチングやクライオストレッチングを行ってもらうと効果的です。
スポーツをする際は特に足首の関節と筋肉を緩めていると怪我をする確率がグッと減るので足首をしっかりストレッチしてください。
あいあい整骨院では、ただいまストレッチのメニューは作っていません。施術者にお聞きして頂いたら、患者様にあったストレッチを施術させていただきます。お気軽に聞いてください。