あいあい整骨院ロゴ
あいあい整骨院のTOP画像 あいあい整骨院のTOP画像

スポーツ障害ページ

スポーツ障害の原因と対策

こんなことでお悩みではありませんか?

スポーツによるケガや障害の原因と対策画像

・学校の練習量が増えて、膝が痛くなった。
・普段の日常生活では痛みはないが、運動をしていると痛みが出て気になる。
・最近、練習後の疲労感がとれず体が思うように動かない。
・持病の腰痛を治療して、ベストなパフォーマンスを発揮したい。
・捻った足首の調子が良くない。

スポーツに熱心に取り組む方へ

あいあい整骨院では、野球・テニス・サッカー・フットサル・バレーボール・柔道・陸上競技・卓球などスポーツをされる方々の悩みに全力でサポートしていきます。
在籍しているスタッフもスポーツ経験豊富な施術者がそろっております。

そもそもスポーツ障害って、なぜ起こるの?

スポーツ障害とは、運動時に同じ動きを長期間繰り返し行うことにより「オーバーユース」、 ある特定の部位を痛めてしまうことです。 成人だけでなく、成長期の子供にもよく起こる障害です。
簡単に言うと「使いすぎ」という意味です。

例を挙げると野球肩・テニス肘・ジャンパー膝・シンスプリント・アキレス腱炎・足底筋膜炎など様々なものがあります。
早い話が、”使いすぎ症候群”であり身体を酷使することや、間違った身体の使い方(ミスユース)を続けて発生する状態です。
人の身体は練習により疲労が蓄積しても、しっかり休息を取ればもとの状態に戻ろうとします。 しかし練習量が多すぎたり休息がちゃんと取れていないと、回復が疲労に追い付かなくなり症状が悪化してしまいます。

スポーツ障害は、酷くなると患部以外の場所にも影響を及ぼしたりすることで症状が複雑となったりします。
さらに重症化すると日常生活にも支障をきたすようになってしまいます。
また、手術等になると長期間休まないといけなくなったりします。 したがって、早い段階で正しい処置・治療をすることが大切になります。

スポーツ障害-症状の解説

テニス肘について

スポーツ障害-テニス肘の症状解説

テニスラケットでのストローク動作を繰り返し行うことで肘が痛くなる障害を一般的にテニス肘といいます。
主にバックハンドストロークによる肘の外側の痛みが多くボールがラケットに当たる時の衝撃で手首から肘にかけてついている筋肉(橈側手根伸筋) に負担がかかる事により腱の付着部付近で損傷し炎症を起こしているものをテニス肘と呼びます。

野球肩について

スポーツ障害-野球肩の症状解説

野球の投球動作を繰り返し行うことで関節包や肩関節に付着する筋肉や腱が損傷し、肩関節周囲に痛みが出るものを野球肩といいます。
○野球肩には色々なものがあります。
■インピンジメント症候群
■回旋筋腱板損傷
■ルーズショルダー
■上腕骨骨端線離開(リトルリーガーズショルダー)
■肩甲上神経損傷

ジャンパー膝について

スポーツ障害-ジャンパー膝の症状解説

バレーボールやバスケットボール選手に多くジャンプと着地動作を繰り返し行う事で大腿四頭筋腱、 膝蓋腱などに過度な牽引力が加わり膝蓋骨周辺に損傷を起こすものをジャンパー膝といいます。

シンスプリントについて

スポーツ障害-シンスプリンの症状解説

シンスプリントは下腿内側の骨に刺激が加わる事や足首や足の親指で地面を蹴る筋肉が下腿内側の骨膜を引っぱり炎症が起こっている状態をいいます。
長距離を走るマラソン選手に多くみられ、扁平足や回内足、固い地面(舗装道路)などを走る頻度が高い方になりやすい傾向にあります。

足底筋膜炎について

スポーツ障害-足底筋膜炎の症状解説

シンスプリントと同様にマラソンなどの長時間のランニング動作をする方に多く足底部のオーバーユース(使いすぎ)によるもの。
ランニングの際に足と地面が接地する時の衝撃を足部のアーチが吸収するのですが、 そのアーチを支持・保持しているのが足底筋膜になり、そこに炎症が起きている病態を足底筋膜炎といいます。

アキレス腱炎について

スポーツ障害-アキレス腱炎の症状解説

ランニングや足関節を酷使する動作(爪先立ち)などでアキレス腱付着部に負担がかかり炎症を起こしているものをいいます。
中年以上のランナーやウォーキングをしている方に多いのは加齢によるアキレス腱の変性が原因になっていることがあります。

スポーツ障害の予防法

スポーツをするうえで大切なのはケガをしない事です。
今後の子どもの成長を考えると、ケガに対する予防法や、対処法をスポーツの指導者はもちろん、保護者の方も知っておく必要があります。
またスポーツ障害の予防法として、スポーツをしている方なら誰しもがウォーミングアップとクールダウンをしている事と思います。
そこでウォーミングアップとクールダウンそれぞれの目的について説明したいと思います。

ウォーミングアップについて

①体を温める
②?関節可動域の向上
③筋活動と神経活動を活性化させる事を目的としケガの予防に繋がります。

しかしウォーミングアップで長時間かけてストレッチを行う事は筋肉が伸ばされ上手く使われずケガをする可能性があるため、 ランニングなどでしっかりと体を動かし体温を挙げる事を意識しましょう。



クールダウンについて

①疲労の早期回復
②体の熱を取りリラックスさせる事を目的としています。

急に運動を止めてしまうと高くなった心拍数が急激に落ちていくため心臓へ大きく負担がかかります。
そのため運動後すぐに運動を止めるのではなく、軽いランニングからウォーキング、ストレッチと徐々に運動強度を落としていく必要があります。
クールダウンの方法としては時間をかけてストレッチをしたり、アイシングなどがあります。

スポーツ障害の対処法

ケガをした直後に患部に熱感がある場合はまずはRICE処置を行いましょう。
RICE処置とは、Rest(安静)、Icing(冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(拳上)の頭文字をとったもので、急性期症状(腫脹や熱感など)に対しての基本処置となります。

Rest ~全体の安静~

ケガの直後から体の中で痛めた場所を回復しようとします。 しかし患部を安静させずに動き続けることで回復が遅れてしまいます。 その遅れが結果的に完治を遅らせ治療に費やす時間を長引かせてしまいますので、 ケガの直後は安静にすることが非常に重要になります。


Icing ~患部の冷却~

患部を冷やす事で細胞の新陳代謝の低下や腫脹の軽減、神経の伝達速度の低下などの効果があります。 それにより痛みを減少させることが出来るため、ケガをした直後早期にアイシングを行いましょう。


Compression ~患部の圧迫~

患部に対し適度な圧迫を患部に与えることにより、損傷した組織の腫れを防ぐ効果があります。 しかし過度の圧迫は血流障害を引き起こす危険性があるため、圧迫の際にシビレや爪を押すなどして確認をして下さい。


Elevation ~患部の挙上~

患部を心臓より高い位置に挙げる事で腫れを防ぎます。挙げるのが難しい場合には椅子や机などを利用して無理のない姿勢を保ちましょう。


RICE処置の方法

患部にアイスパックや氷水を用いて10~15分を目安にして、触った感覚がなくなるまで冷やします。
コールドスプレーなどで急激に冷やしてしまいがちですが、コールドスプレーは表面しか冷やす事が出来ず、長時間使用すると凍傷する危険性もあります。
そのため氷水などで時間をかけて持続的に冷やす事で深部まで冷やす事が重要となります。
アイスパックの場合も直接当ててしまうと凍傷の危険性があるので、タオルやガーゼで包んで使用して下さい。冷やす際はケガをした部位を心臓より高く挙げた姿勢の方がより効果的です。
その後症状によってテーピングや包帯などで固定し安静を保ちましょう。
無理をすると他の組織を損傷する危険性もある為、早期に医療機関や整骨院を受診して下さい。

子供とスポーツ障害の関係

近年、世界で活躍する日本人選手が増えてきており、野球・サッカー・水泳など様々なスポーツの分野のレベルが向上してきています。
その影響を受け幼少期からより高度な環境で競技をするため、 競技中に体の一部に過度の負担がかかり起こるケガを「スポーツ障害」といいます。
その原因の多くが体の使い過ぎ(オーバーユース)や間違った体の使い方(ミスユース)によるものだと言われています。


そんなスポーツ障害から子供を守るには

一番大切なことはスポーツ障害になってからどうするかではなく、ならないように予防することです。
①疲労やプレッシャー、レギュラーへの執着など個人の精神状態や、仲間や指導者とのコミュニケーション不足によるケガ。
②スポーツには道具や用具を使って行なうものが多く、それらのメンテナンス不足や劣化による不注意のケガ。
③休息を取らず過密な練習日程を組んだり、試合が近いからといって休憩時間を割いて練習をするなどスポーツを行なう環境によって起こるケガ。
④監督、コーチの指導不足、ストレッチやクールダウンなどを行わずにプレーをしたりする本人の自己管理不足によるケガ。
◆このような事が原因で幼少期~高校生までのお子さんはスポーツ障害を引き起こします。

成長期の子は身長が伸びる時期には筋肉が成長に追いつかず柔軟性が低下してしまい、その結果として緊張が強くなった筋肉が関節や骨に影響を与えてしまうこともあるため、しっかりとストレッチやクールダウンを行なう心がけが必要となります。
そして選手と指導者はもちろん、保護者とも連携する事で良い関係性を保ち、 競技を行なうことでスポーツ障害からお子さんを守ることができるのです。

もしスポーツ障害になってしまったら、それでもなおスポーツ障害に悩まされた時はどうすれば良いのか?
安心して下さい。その時には我々あいあい整骨院にお任せ下さい。
患部の状態をしっかりと判断し的確なアドバイスと治療でお子さんの競技復帰のお手伝いをさせていただきます。

当院の施術が他院より選ばれる理由

患部の状態がよりリアルに分かるようにエコーにて患部の状態をリアルタイムに把握していただけます。
患部の状態が分かることでより正確の治療を施す事が出来ます。
●早期に痛みを解消
外傷治療の基本、RICE処置は元より、早期回復に効果が認められている最新の微弱電流治療器を用いて、患部の炎症・筋肉の緊張を改善し治癒されやすい状態にします。
また、腫れがひどいなどの深刻な場合は、超音波治療鍼灸治療で深部に直接治療を施し、痛みを和らげます。

あいあい整骨院 みなみ分院の口コミをもっと見る

あいあい整骨院 大安寺本院の口コミをもっと見る