あいあい整骨院ロゴ
あいあい整骨院のTOP画像 あいあい整骨院のTOP画像

痛い所から探す~『肘』でお困りの方

なぜ肘の痛みがでるかの説明画像

なぜ肘の痛みが出るの?

肘を痛める原因として最も多いのがスポーツによるものではないでしょうか? 野球の投球動作、テニスやゴルフのスイング動作など肘に負担がかかる動作を繰り返し行うことにより痛みが起こってきます。
運動後はアイシングをして安静にする事で痛みの緩和につながります。 痛みが落ち着いてきたらストレッチや筋力トレーニングをして再発予防を行っていきましょう。

肘の痛みの原因について

肘の痛みの原因についての画像

◆内側上顆炎(肘の内側が痛い)

別名ゴルフ肘と呼ばれておりゴルフをやっている人に多く、手首を掌側に曲げた時に肘の内側の出っ張りがある所に痛みを訴えます。
内側上顆には手首を内側に捻る円回内筋や手首を曲げる橈側手根屈筋などの筋肉が付着しており、 それらの筋肉の使いすぎにより変性が起こり慢性化してくると石灰化し難治性となるため、早期に適切な処置を受けましょう。

外側上顆炎(肘の外側)の痛み説明画像

◆外側上顆炎(肘の外側が痛い)

一般的にテニス肘と呼ばれており、内側上顆炎よりも発生頻度が高くテニスのバックハンド動作や雑巾を絞る動作、 掌を下にして物を持ちあげる動作時などに肘の外側の出っ張りがある所に痛みを訴えます。
外側上顆には手首を反らす短橈側手根伸筋が付着しており、その短橈側手根伸筋が収縮した時に痛みが出るため安静にしていると痛みがないことが多くみられます。

肘に関する施術について

施術方法1

問診票を基にいつから痛いのか、どんな時に痛いのか、痛みの場所や状況、また痛み以外の症状(しびれや感覚以上など)、過去に病気やケガがないか(既往歴)、仕事や日常生活などについてお尋ねします。

施術方法2

問診票を基に触診や視診、各種検査を行います。
Wrist flexionテスト(リストフレクションテスト)、Thomsenテスト、中指伸展テストに関しては下記をご確認下さい。

施術方法3

問診、検査結果を基に手技や電気治療器を用いて症状の改善を図り、再発させないために日常生活で気をつける事や姿勢、運動、ストレッチ方法などのアドバイスもさせて頂きます。

『肘』の痛みは、あいあい整骨院におまかせください!

このような痛みでお困りでしたらお早めにあいあい整骨院にお任せください。
痛みの状況に応じた手技や特殊電気治療器による適切なアプローチを行います。
またご自宅でも出来るセルフケアの方法もわかりやすく説明させて頂きます。
痛みを早期に改善させるためにもあいあい整骨院へお越しください
ご来院お待ちしております。

検査方法のご紹介

Wrist flexionテスト(リストフレクションテスト)について

掌を上に向けた状態から手首を曲げてもらい、その動きに抵抗を加えます。
肘の内側に痛みが出ると内側上顆炎(ゴルフ肘)を疑います。

Thomsenテストについて

肘を伸ばし掌を下に向けた状態から手首を反らすように動かしてもらい、検者はその動きを止めるように抵抗を加えます。
肘の外側に痛みが出ると外側上顆炎(テニス肘)を疑います。

中指伸展テストについて

掌を下に向けた状態から中指を反らすように動かしてもらい、検者はその動きに上から下へ押すように抵抗を加えます。
肘の外側に痛みが出ると外側上顆炎(テニス肘)を疑います。